×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

体重なんてぶっ飛ばせ!TOP > その他のダイエット > 骨盤矯正

骨盤矯正ベルトについて

 
運動をしているのに、ウエスト周りの贅肉が取れないという人は、もしかすると骨盤が歪んでいる可能性があります。骨盤はいわゆる体の土台のようなものです。この骨盤を歪んだままにしておくと腰痛、首痛、膝痛などを引き起こしてしまいます。
骨盤を矯正するためのグッズはいろいろ出ていますが、最もポピュラーで手軽なのが骨盤矯正ベルトです。

骨盤矯正ベルトの仕組みは、骨盤周りの筋肉を鍛えることにあります。骨盤のまわりには筋肉があって、この筋肉が骨盤を支えていますが、年齢とともにこの筋力が衰えてくると、骨盤を支えきれずに歪んできてしまいます。
また、骨盤には関節に靭帯があって、これによって骨盤はお互いに引っ張りあって締まっています。しかし、この靭帯もまた年齢とともに緩んでくるので、骨盤が開きっぱなしとなってしまうのです。

この筋肉や靭帯の役割をしてくれるのが骨盤ベルトです。

はじめは骨盤ベルトをはずすと矯正された骨盤がもとの歪んだ状態に戻ってしまいますが、繰り返し使っていくうちに筋肉のバランスが整って、徐々に骨盤が正常の位置に戻って行きます。

骨盤矯正ベルトで気をつけなければならないことがあります。それはもっと効果を出そうとして、無理やり締め付け過ぎるということです。こうなると内臓や血管が圧迫され、体の血のめぐりが悪くなったり、内臓の働きが鈍くなってしまいます。

骨盤矯正ベルトは「引き締めが気持ちいい」くらいにとどめておきましょう。
また、骨盤矯正ベルトを巻いていると、体が通常より軽くなったような気がします。ちょうどリストバンドを手首に巻いたり、足にサポーターを付けたような感覚と同じです。
しかし、巻きっぱなしにしていると、筋肉は自力で骨盤を支えることを忘れ、むしろ退化してしまいます。

あくまでも補助的、筋力強化を目的としていることを忘れずに、ベルトが体の一部になってしまわないようにしましょう。
 

その他のダイエット記事一覧

お茶を飲んでダイエット

お茶を使ったダイエットは多いですね。最近話題の飲まなく茶(のまなくちゃ)知ってますでしょうか?評判はよく分からないですが、口コミ見たら多種多様な意見があり、正直購入した...

骨盤矯正

運動をしているのに、ウエスト周りの贅肉が取れないという人は、もしかすると骨盤が歪んでいる可能性があります。骨盤はいわゆる体の土台のようなものです。この骨盤を歪んだままにしておくと腰...